年齢は関係ないプチ速読

年齢は関係ないプチ速読

速読は高齢になってもできるものなのか?逆に小学生の子供に速読を習わせても大丈夫なのか?と年齢によって受けられないとか考える可能性はあるかもしれません。

このように速読へ興味があっても、年齢が気になり一歩を踏み出せない人がたくさんいるかもしれません。

ここでは年齢が速読にどう影響していくのかそのあたりを説明していきたいと思います。

プチ速読公式HP

年齢のよって速読は変化するのか

結論からいうと、速読に年齢は関係ないです。文字を読んで意味がわかる年齢でさえあれば、小さな子どもでも速読はできます。ただし難しい学術書であったり小説は漢字などの問題で物理的に読めないでしょう。

つまり本を読める年齢になれば当然ながら速読をしても問題ありません。ではどのような効果がでるのでしょうか。

小さい子供が速読をしたら

小さい子供、すなわち体の出来上がっていない小学生が速読をしたら、なにか体に影響はあるか?と心配してしまっています。しかし、まったく問題ありません。

ただし速読をスタートするなら、小学校中学年以上が基本になります。なぜかといえば、大人と同じように文字を読めるのがその程度になるのでそれまで待つ必要があります。

プチ速読をマスターすると、子どもの学力にもよい影響を与えることがわかっています。理由としては右脳と左脳をバランスよく使っていきます。すると脳の情報処理能力が上がり、参考書や問題集の理解度が向上します。

そのため学力が上がるということに繋がりますね。

大人が速読をしたら

大人が速読で得られる最大のメリットと言えば自由な時間を得ることと言えます。速読は時間の圧縮ですからね。速読により生まれた新しい時間を他に当てられるわけです。

例えば資格取得や難しいクリエイティブなスキル習得に挑戦するのも自由です。あるいは家族や趣味に費やすプライベートな時間を充実させるのもありです。

思い切って睡眠時間を増やしたり、身体のトレーニングをしたりして、健康に時間を向けるのもいいかもしれません。

心身ともに調子がよければ、自信に満ち溢れたものになっていきます。今まで溜まっていた問題も解決しているでしょう。

年齢は関係のない速読法のまとめ

小学生だろうが90代だろうが、きちんとトレーニングを受ければ、必ず速く読めるようになります。ただし年齢やその人の素質によっては差があるはずです。

今まで大変だった速読法もプチ速読の登場によって気軽に学んでいきましょう。

プチ速読公式HP
TOPページを見る