本を読むのは大事?

本を読むのは大事?

速読をしようと思っていても読書自体が苦手なら何も意味がありません。読書を好きになる・習慣化したいと思っていてもなかなか思うように気持ちをコントールするのは難しいかもしれません。

読書をしたいなと思っていても望んでいてもうまくいかない場合には原因があります。それは、好きになるほど、または習慣化にするほどの読書のメリットを自分の中で感じていないからです。

ではどんなメリットが実際にあるのでしょうか。

プチ速読公式HP

本を読むことによって得ること

本は正直どれもこれもそんなに高くないです。大体5千円もあれば何冊か買えてしまえますしね。それだけで一級の人間の知識やノウハウもわかりますし、エンタメとしても一級品になります。

では実際どんなことが手に入るのかみていきましょう。

知識の拡充

読書のメリットは、なんといっても知識が増えることだと言えます。

選ぶ本にもよりますが、自分の考え方とは真逆の考え方を知るきっかけになったり、日常生活を送っているだけでは気づけなかった情報を知ったりすることもできるでしょう。

自分の中の知識が増えると考え方が変わったり、考え方が変わると行動が変わったりと、様々な変化が感じられます。

幅広い知識に触れたい人だけではなく、今の自分に満足していない人やなにかに挑戦してみたい人などは、読書を趣味にしてみると新たな気付きがあると思います。

自己啓発

読書を趣味にすると新しい知識や考え方を知ることができるため、自己啓発につながりやすくなります。

実際に、本の中には自己啓発のジャンルが充実しています。「具体的な仕事術」「マインドを高める方法」「一流と呼ばれる人物の考えかた」など、自己啓発本といっても種類はたくさんあります。

多くの意見に触れることで自分の未来が変わっていくといっても、決して大げさではありませんね。

それほど読書は自己啓発につながりやすく、自分を変えたいと思っている人におすすめしたい趣味です。

まとめ

「知識が増える」「自己啓発につながる」など、読書を趣味にすることで様々なメリットが期待できます。これ以外にもまだまだあるので自分で体感してもらうということもいいでしょう。

こういう時間を普段だと時間がかかってしまうのですが、速読を使えばどんどん時間が短縮されてしまいます。そうすればさらに本が読めるようになるので、まずは自分が気になるジャンルを探して色んな本を読んでいきましょう。

プチ速読公式HP
TOPページを見る