プチ速読で理解力が増す

プチ速読で理解力が増す

速読をすることにより圧倒的に情報量が増えていきます。それはどうしてかというと純粋に知識を得るスピードが上がってしまうからです。

そうすることによってビジネスでは大きな差が生まれることになります。ここではビジネスで起こり得る情報をたくさん得たことで受けることの出来るメリットを考えていきましょう。

プチ速読公式HP

社会人として差が出る理由

入社した時には能力に大差なく同じような業務をしていたのに、なぜか数年後には大きな差が生まれている…ビジネスの世界ではよくある話です。

もちろん人によって素質は違いますし、1人ひとり出会う人や環境が違うことも成長スピードには影響してくるのは当然です。

しかしビジネスの世界で早く成長している人は、インプットの量と質が他の人と比べ圧倒的に多いです。

このインプットは速読によって鍛えることが出来ます。

ビジネスで言うインプットとは?

「インプット」は「入力」という意味です。つまり情報や知識を新たに吸収することです。

学生時代の勉強で言うと、授業を受けたり教科書や参考書を読んだりして自分の中に知識を入れるのがインプットでした。

社会人になってからも、研修を受けて仕事について学んだり、業務の知識を身につけるために関連する書籍を読んだりする行動がインプットにあたります。

またそのような座学だけでなく、仕事の現場でする新しい経験もインプットです。様々な業務を経験したり、他部署の幅広い人との関わるなど、新たな経験を通して多くのことを学び吸収できます。

特に読書は、自分より優れた人や困難を乗り越えた人の思考・行動を追体験でき、非常に価値のあるインプットだと言えます。

常に情報を得る方法とは?

社会人になると、最初は仕事のために学ぶことが多くインプットに忙しくなります。

しかし実は、ある程度仕事ができるようになるとインプットの機会は減っていきます。なぜなら自分の持っているスキルや経験で業務が回せてしまうからです。

この時、インプットの機会が減ってきていることに気づいて自分から行動しないと、新しい情報を持たない、ビジネスマンとしてバージョンアップできない古い人間になり差が出てしまいます。

現代の市場や世界の変化スピードはどんどん速くなっていますから、今後はこのような姿勢でビジネスやキャリアにおける成功を得ることは難しくなります。

社会人になったら時間は減っても常にインプットする機会が必須となります。それをカバーできるのがプチ速読です。

プチ速読公式HP
TOPページを見る