速読は本当に本を読んでいるのか

速読は本当に本を読んでいるのか

速読ときくと猛スピードでページをめくっていって読んでいるというイメージがあります。それを始めてみた私は思いました。これは本当に理解しているのだろうかと…

本を読むことに時間がかかっていた私はこんな速度で読めるわけないと思ってしまったわけですね。しかし中にはちゃんと理解している人もいるとか…

本来読書のスピードを速くして効率良くしたいのが思いです。しかし中には速読自体を目的としてしまってどうして速読を始めたということを忘れてしまうことがあります。

読書を例に見ていきましょう。

プチ速読公式HP

目的はあるから速読開始

そもそも速読を何で習得したほうがいいの?ってことを考えてみるとわかりやすいです。理由は簡単ですよね。時間を短縮して知識を手に入れるためです。

どうして知識が必要というと生活をより豊かにするための道具です。そのために読書をするのが一番手っ取り早いのが現実です。

読書は能動的に体系的に書かれた情報を収集して、それを自分の頭で考えていく必要があるので、最初はとても疲れます。読めないときもあるでしょう。

つまり、読書をするというのは知識を手に入れるためでもあるけど、脳の運動をしているわけです。

手段を目的にしてはいけない

目的を達成する手段として読書をしていないと感じるなら、一度冷静に読書をする意味を考え直したほうがいいです。ひたすら速く内容なんてどうでもいいから読んだことにしたいといのならそれは間違っています。

本の内容を理解していないのなら読んだ意味はありません。本を読んで知識を手に入れるのに本を読むことだけに集中しているのはナンセンスです。

だから内容をまず理解しないと意味がありません。プチ速度でもそこは注意されていることですしね。

どれくらいを目指すのとかが大事

実際に驚異的なスピードで読める人がいることはいますが、全員が同じレベルで読めるようになるのは時間がかかるかもしれません。

それでも、今よりも速いスピードで読むことはそれほど難しいことではないです。実務で活用できる速読ができれば十分ではないかと思うときがあります。その先に、もっと上達したいと思ったら、それはその時にもっと練習すればいいのです。

自分の目的に沿ったやり方で無理をせず速読を手に入れていけばいいだけなので、そのあたりは問題ないと思います。さらに時間を短縮するにはプチ速読を慣習として身体に取り込むしか方法はありませんね。

プチ速読公式HP
TOPページを見る